マフィンカップを素材別に解説!油染み・生地がくっつく等の悩みを解決しよう!

マフィンカップを素材別に解説!油染み・生地がくっつく等の悩みを解決しよう!
↑見事に油染みしてしまったマフィンカップ、、。

 

今回はマフィンカップを素材別に紹介します。

マフィンカップって100円ショップでも売っているし、ネットショップや製菓道具屋さんだと可愛いデザインのもの結構ありますよね。実際、素材で選ぶより、なんとなく大きさやデザインで選びがちだと思います。

 

しかしいざ使ってみると、マフィンカップには見た目だけでは分からない特徴が多く、

油染みでせっかくの可愛いデザインがぼやけてしまったり、生地が紙にくっついて剥がしづらかったりと失敗してしまうことがあります。

 

今回は現在市場に出回るマフィンカップを素材別に大きく分類し、解説していきます。素材の特徴をつかむことで、あなたに適したカップがきっと見つかるはず。特に以下のような悩みを持つ方はぜひ目を通して頂きたいです。

 

この記事はこんな人におすすめ!
    • 生地がカップにくっついて剝がしづらい
    • カップが油染みしてしまう
    • 焼き型を使わずにマフィンを作りたい
    • 環境にやさしい素材を使いたい
    • お菓子だけでなくおかずカップとしても使いたい
    • 素材によってどんな特徴があるのか知りたい
    • とにかくコスパ重視!

それではまず、生地の焼成~保存まで使われ、食品に直接触れるマフィンカップの安全性をチェックしていきましょう。

 

マフィンカップの安全性は?

パッケージ資材包装メーカーの天満紙器の見解

様々な種類の紙がある中でも天満紙器製品の焼成容器に使われている紙は少し特殊なものを使用しています。
(中略)
直接食品に触れる容器の紙は食品衛生法に基づき「古紙や不純物の入る可能性のあるパルプを一切使用していません」と定められています。簡単に言うと「安心・安全」な紙を使ってカップを作っている。という事になります。 引用元:天満紙器

製紙メーカーの特種東海製紙の見解

「食品に直接触れることを想定して作られている紙」とは
表面に合成樹脂が使用されている紙、耐油剤などの塗料が塗ってある紙、機能性薬剤を内填している紙…など実はその製法は多岐にわたります。

表面に合成樹脂が使用されている紙については、日本でもポジティブリスト※2法規制がスタートしました。それ以外の食品に触れる事を想定している紙は、日本製紙連合会の自主基準を指標にしている事が多いです。引用元:特種東海製紙

関連リンク
日本製紙連合会自主基準
食品に接触することを意図した紙・板紙の自主基準について

厚生労働省
食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度について

 

ここからはさっそくマフィンカップを素材別に解説。
特徴とデメリット、そして例として実際の商品も少しだけ紹介していきます。

マフィンカップを素材別に解説

紙製(晒・未晒クラフト紙)

そもそも晒・未晒クラフト紙とは

晒クラフトって何?
晒クラフトの「晒」の意味は“漂白した”という意味。クラフト紙を白くしたもののことをいいます。薬品で漂白することで、強度が多少弱くはなりますが、ベースはクラフト紙であるため、上質紙などに比べると破れにくいのが特徴です。強度とデザインの自由度を求めたさまざまな業種から選ばれる紙袋でもあります。引用元:紙袋工房

未晒クラフトって何?
一般的にクラフト紙と呼ばれ、色はブラウン。針葉樹を原料としたクラフトパルプを使用して作ります。また「未晒(みざらし)」とは、“まだ晒していない(薬品などで紙を漂白していない)”という意味。つまり、加工されていない色合いの紙ということです。素材感を活かしたデザインやカラーにすることで、自由な表現を出せるので、長く支持され続けている紙素材でもあります。引用元:紙袋工房

特徴一般的に売られている主流タイプ
比較的安価な値段
デザインが豊富で、プレゼントとして渡しやすい
耐油性がないため油染みが気になる場合もある
安定性のある独立したコップ状のものなら焼型が不要となる
デメリット油染みが気になる場合がある
メーカー等によるが耐熱温度が180℃と低めの商品が多い
焼き型が不要なタイプ

焼き型が必要なタイプ

 

 

グラシン紙

そもそもグラシン紙とは

グラシン紙
グラシン(glassine)は、紙の種類。グラシン紙(グラシンし)ともいう。(中略)
性質
・透明度が高く、光沢があり、滑らかである。
・耐油性・耐水性がある。
・酸性紙である    引用元:「Wikipedia」グラシン

特徴紙製のものよりデザインのバリエーションが少ない
加工されていないものは不安定なため焼型が必要
片面シリコン加工や両面シリコン加工されているものは油染みがしづらく、生地が剥離しやすい
内面PET加工等されているものは焼型が不要
デメリット基本的に焼き型が必要
加工されていないものは剥離しづらい
グラシンカップによっては焼成不可の場合もあるため、注意して選ぶ必要がある

シリコン加工なし

シリコン加工あり

 

 

CSE紙ケース

そもそもCSE紙とは

繊維が太く長い針葉樹を材料とし、その破れにくい性質を利用した耐油性・耐水性・耐熱に優れた紙ケースです。使用材料は、蛍光塗料・重金属などは含有せず、焼却時に環境を壊すような物質も無いきわめて衛生的な中性紙です。
これまでのケースには無い高い保形性をしめし、作業の際の剥離性にも優れています
(中略)    引用元:「木村アルミ箔株式会社」 CSE紙ケース

特徴チョコケースやカットケーキなどの敷き紙としても使用されている。
北欧生まれの、薬品を使わない、自然や人に優しい環境対応紙
半透明でグラシン紙のようなシャリシャリとした質感
耐油性・耐水性・耐熱性に優れている
焼成後にパンやケーキの生地がくっつきにくく、剝がしやすい
大容量での販売が主で値段も低いため、特に頻繁につくる人に向いている
商品によっては電子レンジ可能なものもある
デメリットチョコ(茶)色に関しては、焼成や冷凍によって、色落ち・食材への色移りの可能性がある
デザインのバリエーションは少なく、白無地/チョコ(茶)が主で、その他には(白・茶地に)ティータイム柄や(白・茶地に)シェフストーリー柄といったシンプルなものがほとんど
メーカー、サイト等によっては白地より茶地の方が価格が高い傾向がある(下記の商品で比較)
2022/6/01時点では¥1,558

2022/6/01時点では¥2,357

 

シリコーン(シリコンはシリコーンを形づくるための元素であるケイ素のためここではシリコンと呼称)

そもそもシリコーンとは

シリコーンは耐熱性が高いというだけではなく、低い熱伝導率を持つ。そのため調理器具などで使用する場合、熱が伝わりにくいため、直接持ち手に対して熱が伝わることがない。また一般的には耐熱性が注目されるが、シリコーンは耐寒性にも優れた特性を持つ。(中略)

最大の特性の一つでもある広範囲における温度安定性は、他のプラスチック素材では再現することが難しく、シリコーンがあらゆる産業で多用される理由の大きなものでもある。さらに、シリコーンが持つ重要な特性の一つとして電気絶縁性がある。その他水をはじく撥水性や、耐紫外線性、高いガス透過率といった性能が挙げられる。(中略)

優れた耐熱性から、お玉、パスタレードルといった調理器具に始まり、絶縁性があることから電子レンジで使用することができる圧力鍋なども登場している。
引用元: i-maker シリコーンの特性と用途 高い汎用性を誇る多機能素材

特徴お弁当のおかずカップとしても人気
比較的安価な値段で繰り返し使える
熱が伝わりにくい性質のため、加熱後に手で触れる際、安全性が高い
撥水性が高いため、水分の多い生地にも適している
オーブン、電子レンジ、冷凍庫も使用可能
シリコーンゴム自体柔らかく、またほとんどの素材にくっつかない特性を持つため、型離れしやすい

デメリット熱が伝わりにくい性質のため、焼き色はつきにくい

摩擦に弱いため、洗浄の際は研磨剤やかたいタワシ等は使ってはいけない
引張り・引き裂きには弱いため、保管する間、重いものを上にのせてはいけない。
繰り返し使うと油脂が入り込んでベタベタしやすい。(日本は高温多湿なため加水分解を起こしやすく、シリコン内の薬品が溶け出してしまう)
細かい溝などに汚れがたまりやすい
シリコン素材特有の匂いが苦手な人も

日本ブランド

海外ブランド

 

 

ペットカップ(晒片艶クラフト、PET)

そもそもペットカップとは

ペットカップの特徴【PET素材】
ペットカップは名称にもあるようにカップの素材にPETが使われています。カップの外側が紙で、内面がPET素材になっております。これはカップに強度を持たせることによって、金型を使用せずに、ペットカップ単体での使用が可能となっております。また焼いた後の、保形性もグラシンカップに比べて良いです。

◇ペットカップの特徴【機能性】
高温で焼くパンに対応できるようペットカップには、『耐熱性』がありオーブンでの使用ができ、レンジにも対応しています。また、調理パンで使用されるように『耐油性』『耐水性』を兼ね揃えているのです。※ペットカップの種類により機能性は異なる場合があります。引用元:天満紙器

特徴紙製より値段は高め
内側がPET素材のため、耐油性、耐水性に優れる
油染みの心配がないため、外面のデザインの変化を抑えられる(油脂が多めの生地向き)
自立タイプが多く、その場合焼き型が不要
デメリット紙製に比べ、値段は高め
紙製に比べ、デザインのバリエーションが少ない
ペットカップはパン作りにも人気のため、マフィン型より浅型のマドレーヌカップの方が多く流通してみられる傾向がある

 

 

アルミカップ

そもそもアルミカップとは

アルミカップはアルミニウム製の小型容器で、弁当に料理を詰める際の仕切りやオーブンでの焼き菓子の調理などに用いられる。アルミ箔の加工品であり、ホイルカップあるいはホイルケースともいう。(中略)アルミニウム製のため酸の強い食品を入れておくと腐食してしまい穴があいてしまうことがある。引用元:Wikipedia アルミカップ

特徴印刷、着色等加工されなければ基本的に銀白色でツヤツヤとした光沢をもつ
防湿性・遮光性に優れる
非通気性にも優れているため水分を通さない
オーブン、オーブントースターでの使用が可能
アルミニウムは毒性がなく、食品類と反応しない
無臭
熱伝導率が高く、熱しやすく冷めやすい
デメリット電熱線、赤外線を使用するオーブントースターでの使用不可
電子レンジでの使用不可
焼き上がりの容器は高温のため注意が必要
デザインのバリエーションが少ない
基本的に低価格だが、自立型になると価格が上がる傾向がある

焼き型必要タイプ

焼き型不要タイプ

 

その他

両面シリコン樹脂加工紙

両面シリコン樹脂コーティングだからはがれやすい
マフィンやカップケーキなどの焼き菓子、饅頭などの蒸し料理などはもちろん、電子レンジでの温めなおしにもご利用いただけます。かき揚げの調理にも具材がばらけずに揚げられます。お弁当用におかずカップとしてご利用いただくことも可能です。
引用元:amazon アルテム おかずカップ ベーキングカップ 9号

 

高密度シリコン加工 耐油紙

●シリコン加工なので、お料理がくっつきにくく、使いやすい。調理がしやすいです。
●耐油性があるので油に強く、水にも強いです。
●お菓子作りにも大活躍。
●盛り付けてそのまま電子レンジOK。
●紙製なので燃えるゴミに出せます。
●耐熱温度:250℃(20分)。
●500枚入りのお徳用。家庭用、お弁当作り、業務用にもおすすめです。
引用元:amazon アルファミック 耐熱カップ 弁当カップ

 

耐熱耐油紙

シリコン加工せずにパルプの物理的な加工で耐熱性、耐油性を発揮させた素材を使用。
・電子レンジにもオーブンにも使えます。
・日本製
引用元:amazon ヒロカ産業 耐熱カップ ホワイト 9号

 

さいごに

国やメーカーによって様々な素材があり、細かく分類していくと紹介しきれないため、今回は市場で出回っているおおまかな種類を紹介しました。
あなたが求めるカップにはどんな素材が適しているか発見できましたか?
材質だけでなく、どのような加工がされているかで仕上がりで変わるので、商品を購入する際は加工まで注意して見てください。

 

作業のしやすさや、仕上がりの美しさ、そして食べやすさなど、カップを選ぶポイントは人それぞれ違うので、悩み別に以下5点ををまとめました。

選ぶ時に重視するポイント

油脂多めの生地で作りたい方は▶耐油性

水分多めの生地やおかずカップとしても使いたい方は▶耐水性

焼き型を持っていない・焼き型を使いたくない方は▶保形性

いつも生地がカップについてしまうとお悩みの方は▶剥離性

人へのプレゼントやデザインを楽しみたいという方は▶デザイン性

これらに注目して、あなたに合ったマフィンカップを選んでみてはいかがでしょうか。
またマフィンカップは大容量のものも多く、普段からカップをよく使うか、あまり使わないかで購入に迷うこともあると思います。

 

中には耐水性に優れ、電子レンジ可能な、おかずカップとしても使える耐熱耐油紙などもあるのでお菓子作りに限らず日常から使えるものもいいかもしれません。
ぜひこの記事を参考にあなたに合うマフィンカップを選んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました